短期物件に関して:短期物件と長期物件の家賃

Q:なぜ短期物件は長期物件に比べてお家賃が割高になるのですか?

A:スタジオやフラット(日本のマンションタイプで他人とシェアーしない物件)は通常お家賃に光熱費が含まれていません。長期賃貸の場合は賃借人が3ヶ月ごとに光熱費を支払います。

短期の物件の場合は光熱費がお家賃に含まれている事がほとんどです。そのため長期物件よりもお家賃が高くなります。

また多くの大家さんが長期滞在者を希望されます。入居前と入居後に通常大家さんはお掃除をアレンジするためそのコストなども長期物件に比べ頻繁にかかるためです。
長期用物件に比べて短期用物件はお家賃が50%から100%ほど割高です。