短期の物件に関して: シェアー物件で気をつける事

Q:シェアー物件で気をつける事は何ですか?

A:他に使う方の事を考えて共用部分は綺麗に使って下さい。またハウスルールがある物件では必ずハウスルールに従って下さい。

英国では浴室にトイレが付いているいものが多くございます。日本の習慣のように一人の方が長い時間浴室を使用されると、他の方がトイレを使用できなくなります。ゆっくりとお湯に浸かりたいなどの事情がある場合は、使用前に他の方に一言お声を掛けてあげてください。

音は人によって感じ方が違います。階段の上り下りやドアの開け閉めなど、細かなところにも気を配って下さい。

夜遅くに帰宅の場合は特に音を出さないように気を付けてください。
また12時過ぎのシャワーおよびお風呂の使用はお控えください。英国のお湯のボイラーは非常に大きな音がする場合がございます。

フラットシェアーとはあくまでも大家さんの物件をある期間借りることです。
日本でいう「間借り」のような形態です。他に使う人の事も考えてシェアーする部分はもちろん、ご自分のお部屋も定期的にお掃除をされる事をお勧めします。
家賃を払っているからと大家さんの許可なしに部屋を勝手に模様替えをしたりすることは禁止されています。(壁の色を塗り替える。壁に額縁をかけるためにくぎを打つ等)物件の備品(家具や布団、ベッドシーツなど)は常にきれいに使いましょう。トイレットペーパーや掃除用の洗剤など、みんなで使うものは必ず事前に誰が用意するべきか確認して下さい。
台所や浴室などのシェアーする部分は特にきれいに使いましょう。
大家もテナントもお互いを尊重し合って生活する事がフラットシェアーで成功する秘訣です。

暮らしていますといろいろな問題が出てきます。
日頃からお部屋のメンテナンスに気を使っていただくと退去時のインベントリーチェックが比較的楽にすみます。
何か問題が起こったらまずは大家さんに相談しましょう。
もし疑問点や分からないことがございましたらご遠慮なさらずにサクラプロパティーまでお気軽にお問い合わせ下さい。