物件の見学について

Q:物件の見学は一人で行っても安全ですか?
A:張り紙などの広告で物件を見学する場合は必ず複数で見学に行かれたほうが良いです。
以前このような物件を下見に行った方が暴行事件に巻き込まれたことがあります。特に女性の方は気を付けて下さい。

張り紙やインターネットの物件に見学に行く場合は、必ずお友達と見学に行きましょう。 特に女性は一人で見学に行かないほうが良いです。どうしても一人で行かなければいけない場合は、必ず友達に見学に行く旨、見学先を知らせしておきましょう。

※張り紙やインターネット物件の大家は不動産エージェントを使っていません。彼らの中には純粋にエージェントを使わなくてもテナントを探せる自信のある大家、もしくは、エージェントを使いたくない、使えない理由のある大家もいます。(例えば、過去にテナントと問題を起こしエージェントのブラックリストに載っている、物件を不法に貸している、大家ではない人物がまた貸しのために広告を出している、身元をエージェントに知られたくないなど。)
日本人の方が英国に入国する場合必ずビザが必要になります。犯罪履歴などがある場合はビザが取得できません。一方、ヨーロッパの方が英国に入国する場合ビザは必要ありません。どのようなバックグランドの方でも入国できるということを心にとめて行動してください。見知らぬ方の家に一人で見学に行くのはやはりリスクの高い行動です。

弊社物件は全てスタッフが事前に物件の下見と大家へのインタビューを行っておりますので一人で見学に行っていただいて大丈夫です。
但し夜遅い見学の場合(特に冬場)は夜道が暗い道もございますのでお友達と行かれたほうが宜しいかと思います。

Q:入居日が迫ってきて焦っています。条件が合う物件は見学なしで契約したいのですが。
A:弊社の物件は必ずお客様に入居前に見学に行っていただきます。 たまに入居までにお時間のないお客様が見学せずにご入居を希望される場合がありますが、サクラプロパティーとしましては見学なしの入居はお勧めしておりません。短期、長期に関わらず充実したロンドン生活を送っていただくためにもお客様の満足される物件を見つけられる事はとても大切です。フラットシェアーの場合はお部屋のコンディションだけでなく台所や浴室を大家さんや他の入居者とシェアーするため実際に物件で大家さんに会うことをお勧めします。物件によってはハウスルールなどがありますので必ず大家さんに確認して下さい。英語に自信がなく不安な場合は質問次項を事前に英語で紙に書いて物件で大家さんに渡しても良いでしょう。見学時に聞けなかったことはサクラプロパティーにお知らせください。後ほど大家さんに確認させていただきます。ロンドンの家賃は決して安くありません。入居してから後悔しないためにもじっくり時間をかけて満足する物件をお探しください。

Q:気に入った物件は夜にもう一度見学に行った方がいいですか?
A:通常お部屋の見学は明るい時間に行くことがほとんどです。特にイギリスは春から夏にかけての日照時間が非常に長く夜9時頃まで明るいです。物件の近くにパブやバー、ナイトクラブなどがある場合、夜暗くなってから(午後8時から10時くらい)再度物件の付近をチェックされることをお勧めします。パブの客などが外で騒いでうるさくないか、駅やバス停からの道は暗すぎはしないかなど昼間には見えないことが見えてきます。サクラプロパティーの物件は全て弊社スタッフが下見に行っております。比較的治安の良いエリアを厳選しておりますが、運が悪い場合はロンドンのどのエリアでも危険な目にあうリスクはあります。せっかくのロンドン滞在を良い思い出で満たすためにも、また日本に住む家族に心配をかけないためにもできるだけ時間をかけてリスクの少ないロケーションを探されることをお勧めいたします。

Q:地下鉄の駅やバス停から遠いのですが安いお部屋を見つけました。どう思いますか?
A:弊社の日本人のお客様には駅やバス停に近い物件をお勧めしております。ロンドンでは地下鉄やバス停から物件まで歩いている間に危険にあうリスクが非常に高くなっています。学校の授業やアルバイトで帰りが遅くなる方、またナイトバスを頻繁に使う人は特に気をつけてください。夜遅くなると公共機関も人気がなくなります。できるだけ人のいる車両に乗りましょう。ナイトバスは酔ったお客も多く、からまれる場合もあります。できるだけ車掌の近くに乗りましょう。夜遅くに人の少ないダブルデッカーの2階に乗るのはやめましょう。人の目が届かず女性はレイプの危険性が高まります。夜遅くというだけで昼間よりずっとリスクが高くなります。常に注意しながら行動してください。

Q:賃貸契約のインターネットについて教えてください。
A:インターネットを物件で使用されたい方は必ず事前にサクラプロパティーにお知らせください。イギリスは日本に比べてインターネットの環境が整っていません。高速インターネットを希望の方は物件が限られてきます。個人でブロードバンドを契約される場合は基本的に電話会社と最低1年の契約期間が絶対条件になります。短期滞在の方はすでに大家さんがブロードバンドを入れている物件をお勧めします。電話線の入っていない物件でも大家さんの許可をいただいて入居者自身でBTの電話線を新たにインストールする事も可能です。工事費用は約100ポンド程です。
※基本的に電話代は家賃に含まれておりません。専用の電話線をお部屋に持つ場合は全て入居者のお支払いになります。物件によっては大家さんとブロードバンドをシェアーできる場合があります。その場合は必ず事前にいくらかかるか確認して下さい。通常電話代に関してはテナントさんと大家さんの間でアレンジされるため弊社の契約書には明記されません。
※ワイヤレスのブロードバンドはPCとの相性もありますので気に入った物件は必ず2次見学時にご自分のPCがスムーズに繋がるか物件で確認して下さい。契約を結んだ後、入居後にブロードバンドが繋がらないという理由で契約の解除はできません。契約書にもブロードバンドについては明記されません。これはあくまでも入居者と大家とのアレンジになります。