お家探しの Q&A

フラットシェアー(Flat-share)って何?お部屋探しの基本

Q:「フラットシェアー(Flat-share)」って何ですか?
A:台所、浴室を他の人とシェアーするタイプ。寝室は専用個室。大家と同居するタイプが多いです。
※「Room share(ルームシェアー)」とは違います。ルームシェアーは他人と同じ部屋をシェアーする事。ドミトリーの様な形態。サクラプロパティではこのタイプの物件はご紹介していません。

Q:「ベッドシット(Bedsit)」って何ですか?
A:部屋に専用の台所つき、浴室をシェアー。お部屋に小さな台所もしくは台所設備付のため、お部屋でお茶を作れたり、お化粧や歯磨きなどのためにわざわざ共用の浴室を使用しなくて良いため非常に便利。通常フラットシェアーのお部屋よりもお家賃高め。このタイプには電気代やガス代が別のものも多い。

Q:「スタジオ(Studio)」って何ですか?
A:日本で言う「ワンルームマンション」タイプ。専用台所と専用浴室つき。お家賃はフラットシェアーに比べてかなり高め。ロンドンの中心地のスタジオの場合、通常£800/月くらいから。光熱費別の場合も多いので、必ず事前にお家賃に光熱費が含まれているか確認しましょう。

Q:「フラット(Flat)」って何ですか?
A:日本のマンションタイプ。例えば、1ベッドルームフラット=1LDKマンションになります。

Q:「光熱費」には何が含まれていますか?
A:「光熱費」とは、ガス、電気、水道、カウンシルタックス(住民税)の4つを指します。※「光熱費」には通常電話代やインターネット台などの「通信費」は含まれません。

Q:「ビル込み(bill込み)」の「bill」とは何ですか?
A:「bill」とは「光熱費」のことです。ガス、電気、水道、カウンシルタックス(住民税)の4つを指します。※「光熱費」には通常電話代やインターネット台などの「通信費」は含まれません。

Q:フラットシェアーの場合、リビングルームは使えますか?
A:基本的に使えません。リビングルームはあくまでも大家さんの家族のスペースとなります。フラットシェアーはご自身の寝室+浴室と台所の使用になります。食事は台所に併設されてあるダイニングスペースで取る方が多いようです。お部屋(寝室)で食事をとる方もいますが、食事の匂いがお部屋にこもったり、食事で部屋が汚れるなどの理由で大家さんに禁止される事もあります。

Q:折角イギリスに来たので日本人とシェアーしたくありません。そういう物件はありますか?
A:弊社の物件は日本人の方とシェアーするタイプが多いです。弊社にお申し込みになる大家さんは、あえて日本人の方にお部屋を貸されたい方です。よって何部屋もお部屋を貸している大家さんは自然と日本人の方が多く住む物件になります。


Q:家で英語を話せるように外国人とシェアーしたいのですが。
A:大家さんが同居の物件は大家さんのほとんどが外国人のため、大家さんとの会話は英語になります。英語の向上のため、家に帰って日本語を話したくないというのは、皆さんの心の持ちようだと思います。イギリスで外国人とシェアーというと、ほとんどの外国人の方が働いているため、夜にリビングで和気あいあいという雰囲気ではなく、通常は台所などの共用部分で言葉を交わす程度で、皆さんご自分のお部屋で時間を過ごす方がほとんどです。


Q:大家さんとシェアーするとホームステイのような感じになりませんか?
A:シェアーの場合やはり完全な一人暮らしのようにはなりません。ホームステイと違うのは自炊が出来たり、食事の時間が決められていない点でしょうか。但しやはり共同生活ですので、ある程度の節度を持って行動をして頂く必要はあります。例えば門限がないと言っても、女性のテナントさんが大家さんに無断で数日外泊されたりされるとやはり心配されます。また、お仕事などで毎日夜の12時以降に帰宅される予定の方は必ず見学時に大家さんにその旨を確認しましょう。

Q:「女性希望物件」「男性希望物件」という表示がありますがどうしてでしょうか。何か特別な理由があるのでしょうか?
A:「女性希望物件」とは大家さんが女性のテナントさんを希望されている物件になります。理由としましては小さな女の子のいる家や、過去に男性のテナントさんを受け入れたがお部屋を汚く使われたなどが一般的な理由です。反対に「男性希望物件」は、他にシェアーされる方が男性ばかりや、過去に女性のテナントさんを受け入れたが浴室の使用時間が毎日非常に長かったため男性を希望されるというのが一般的な理由です。

Q:部屋に友達を泊めたいのですが可能ですか?
A:フラットシェアーの物件について契約上宿泊者は禁止されています。但しご家族が1週間程日本から遊びに来られるなどの特別な理由がある場合は事前に大家さんにご相談下さい。大家さんによっては受け入れてくれる場合もあります。その場合も追加料金を請求される事がほとんどです。理由としましてはフラットシェアーの物件はほとんどがお家賃に光熱費が含まれているためです。滞在される方が増えると使う光熱費も増えるためです。

Q:ペットが飼えるお部屋はありますか?
A:弊社のシェアー物件でペット可能なお部屋はありません。(契約書にペット禁止の旨が明記されています。)庭付きの一軒家の場合、大家さんとの交渉で犬を飼うことができる場合もありますが、退去時に入居時と同じ状態にして家を返す必要があるため、もし床に犬や猫のひっかき傷が付いた場合は床を張り替える必要などがでて莫大な費用がかかります。

Q:大家さんにいつでも浴室を使用しても良いと言われたのに、夜中12時すぎにシャワーを使用したら翌日注意されました。これはダメでしょうか?
A:大家さんが「いつでも」とおっしゃったのは「常識の範囲内での いつでも」という意味です。英国の家はお湯を使うとボイラーが大きな音を立てる場合もあります。ボイラーがあるお部屋の隣で寝ている方などはこのボイラーの音で起きてしまうこともあります。フラットシェアーの場合は他にも住んでいる方がいますので、夜12時以降にシャワーやお風呂を使用する場合は朝まで待って使用される事をお勧めします。

Q:大家さんに「音がうるさいので、夜11時から朝6時まではシャワーを使用しないで。」と頼まれました。これはどういう事ですか?
A:これは浴室の蛇口をひねると配水管の音がうるさいか、お湯を出すとガスボイラーの音がするためだと考えられます。水道の配水管が壁の後ろや柱の中に通っていることがあります。ベッドの横の壁の裏に配水管が通っている場合、物件によっては配水管を通る音で寝ている人は起きることがあります。またお湯を沸かすガスボイラーが作動すると、ボイラーの「ゴー」という音が響くことがあります。家の構造で、寝室の収納棚の奥にボイラーが設置されていることもあるので、夜遅くに浴室を使用することが頻繁にある方は、必ず事前見学の時に大家さんに確認してください。

Q:お部屋に布団やシーツはついているのでしょうか?
A:物件によってついているところとついていないところがあります。ついていない場合はお客様ご自身で購入して頂きます。大家さんにリクエストする事も可能ですが、大家さんからお布団やシーツが提供された場合、退去時には選択及びお布団のドライクリーニング代が発生する場合もあります。また新品のお布団を提供されるとは限りません。弊社としましてはお布団やシーツがついていない場合、ご自身でご購入されることをお勧めしています。英国は日本に比べてお布団やシーツの価格が安く種類も豊富です。安いお布団は£10位から、羽根布団も£40位から購入可能です。シーツも安い物は£5位から売っています。(Argosが安くて便利です。)お客様の中には英国で高級羽毛布団を£100くらいで購入されて帰国時に日本に持って帰る方もいます。またシーツもCath KidstonLaura Ashleyのものが日本に比べて格安で購入できるため、ご自分用に買われて帰国時にお持ち帰る方も多くいます。ご自身で購入されて、帰国時に人にあげる、捨てる、日本にもって帰るほうが退去のインベントリーチェックなども楽だと思います。

Q:インベントリーチェックって何ですか?
A:インベントリーチェックとはご入居と退去の時にお部屋の状態を確認するチェックになります。お客様のデポジットはご入居時と退去時のお部屋の状態が同じであれば全額返金されます。弊社の物件は全て家具食器付きです。これらの鍵や食器は大家さんの物です。もし滞在中に不注意で破損、紛失、故障などがあった場合、テナントさんの責任として退去時にデポジットから精算されます。

Q:お友達を家に呼びたいのですが大丈夫でしょうか?
A:お友達がお家に遊びにくる場合は礼儀として事前に大家さんにお知らせ、もしくは確認をしましょう。物件によってはビジター(訪問者)を一切禁止されている場合もあります。その場合は通常見学時に大家さんよりご説明があります。ビジター禁止の理由としてはやはり他に住んでいる方の安全面を考慮しての事です。大家さんに無断でお友達を呼んで、他の方がお家に帰って来られた時に知らない方が家の中にいるとビックリします。またセキュリティー面でもリスクがありますのでできるだけお友達を家に呼ぶのは避けられた方が良いです。
また女性ばかりが住んでいる物件に異性のお友達やボーイフレンドを招待する事は一切禁止されています。
(過去にこのような事がありました。
→大家さんに内緒で外国人のボーイフレンドを家に招待していたKさん。ボーイフレンドとの別れ話がこじれて別れたあと、ボーイフレンドが家の玄関前で待っていたりとストーカー行為をされました。他に住んでいたフラットメイトの方もこの状況に不安を覚えお引越しをされました。この件で大家さんはテナントさんが全員引っ越しをされるという大きな損害を被っただけでなく、家の住所までKさんのボーイフレンドに知られているという恐怖心が残りました。大家さんはKさんを契約違反及びプライバシーの侵害で訴えると弁護士に相談されましたが、Kさんに謝罪していただき訴訟問題は避けることができました。軽い気持ちでしたルール違反が時に非常に大きな問題となります。常に大家さんのお家で他の方とシェアーをしているという意識で過ごして下さい。)

ロンドンの不動産会社

Q:ロンドンには学生の物件を扱う不動産会社が少なく、予算の少ない私が行っても軽く扱われるような気がするのですが?
A:サクラプロパティは基本的にロンドンのゾーン1から5までの物件を網羅しております。
ロンドン郊外ですとお値打ちな物件が出てくることがございます。ゾーン4/5の物件の場合必ず駅かバス停から近い物件のみを選んでいます。

遠慮せずにお客様のご要望をお知らせ下さい。
条件に合う物件が出てき次第すぐにご連絡差し上げます。
もともと学生でロンドンに来たスタッフがほとんどですので、お客様の立場でご相談に乗らせていただきます。

Q:ウェブで非常に良い条件(Studio Flat in Notting Hill Gate! £120/w)の物件を見つけました。英系の不動産屋で店に行ったら物件を見学するのにまず登録料が£80だと言われました。是非見学したい物件なので登録料を支払ったら、その後は全然紹介されず結局あなたの条件に合う物件は今はないと言われました。登録料は戻ってきますか?
A:登録料を払う際に書類に同意(サイン)をされていると思います。その同意書に「物件が見つからなくても登録料は返金しません。」という一文があれば残念ながら登録料は戻ってきません。
客寄せのために常識外に良い条件の物件広告を目にすることがあります。こういうものは要注意です。
※条件の良い物件は大々的に広告しなくても通常はすぐにテナントが見つかります。
※見学の段階で手数料を取るエージェントは使わないほうが良いです。
※何かお金を支払う際には、必ず何に対してのサービスなのか確認しましょう。不動産屋に手数料を支払う場合、通常は「契約書作成代行手数料」になります。

Q:ロンドンの日系不動産屋を使うメリットは何ですか?
A:ロンドンで初めてお部屋を探す方は言葉の問題や、習慣の違いなど最初は分からないことが多いと思います。日本語の通じる日系不動産屋に相談される方が安心だと思います。日系不動産屋を使うメリットとしては下記の点がございます。
●言葉が通じる。
●わからない点は気楽に質問できる。
●デポジットは第三者であるエージェントもしくはデポジット機関が預かります。
●サクラプロパティーでは契約書にサインをされる前に日本語訳をお読みいただきます。
●ご入居後に言葉の問題があった場合は、弊社スタッフがお手伝いをさせていただきます。
●弊社では日本人スタッフが下見に行った物件のみマーケットに出しています。日本人の方のスタンダード(ロケーションや清潔さなど)に合わない物件はできる限り排除しています。
●弊社スタッフが事前に大家の詳細(住所、電話番号、職業、家族構成)を確認し、大家のインタビューをしております。


自分でのフラット探し

Q:インターネットや張り紙で物件を探していますがなかなか良い物件が見つかりません。どうしたら良いでしょうか?

A: お家を探すには下記のような方法があります。
1)サクラプロパティのような日経不動産屋に相談する。
2)英系の不動産屋に相談する。
3)ウェブサイトや張り紙、フリーペーパーなどで探す。
4)友達に紹介してもらう。等

不動産屋に相談しつつご自分でもインターネットや張り紙などでも情報収集をされ、効率よくできるだけ多くの物件を見学するのをお勧めします。
サクラプロパティでは短期物件も扱っていますので、もし希望日までにどうしても物件が見つけられないときは1週間単位から契約可能な短期物件をご紹介させていただくことも可能です。

もしご自分で物件を探し契約される場合は必ず下記の点を確認してください。
●大家の身元のチェック
●誰がデポジットを預かるのか
●契約期間中に退去する必要が出た場合にデポジットが戻ってくるのか
●契約書はあるのか
●光熱費は誰の支払い義務か
●ブレーククローズ(途中解約ができる契約書)は付いているか等
契約前に確認して下さい。


※契約書の内容がわからない場合は絶対にサインをしてはいけません。
サインをしてしまうと法的効力が出ます。イギリスでサインをするということは日本で印鑑を押すのと同じような意味です。

※弊社物件は全てスタッフが事前に物件の下見と大家へのインタビューを行っております。
この時点で日本人の方に合わないスタンダードの物件はマーケットには出しません。
インターネットや張り紙は誰でも出せる広告です。

張り紙やインターネットの物件に見学に行く場合は、必ずお友達と見学に行きましょう。 特に女性は一人で見学に行かないほうが良いです。どうしても一人で行かなければいけない場合は、必ず友達に見学に行く旨、見学先を知らせしておきましょう。

※張り紙やインターネット物件の大家は不動産エージェントを使っていません。彼らの中には純粋にエージェントを使わなくてもテナントを探せる自信のある大家、もしくは、エージェントを使いたくない、使えない理由のある大家もいます。(例えば、過去にテナントと問題を起こしエージェントのブラックリストに載っている、物件を不法に貸している、大家ではない人物がまた貸しのために広告を出している、身元をエージェントに知られたくないなど。)
日本人の方が英国に入国する場合必ずビザが必要になります。犯罪履歴などがある場合はビザが取得できません。一方、ヨーロッパの方が英国に入国する場合ビザは必要ありません。どのようなバックグランドの方でも入国できるということを心にとめて行動してください。見知らぬ方の家に一人で見学に行くのはやはりリスクの高い行動です。


物件の見学について

Q:物件の見学は一人で行っても安全ですか?
A:張り紙などの広告で物件を見学する場合は必ず複数で見学に行かれたほうが良いです。
以前このような物件を下見に行った方が暴行事件に巻き込まれたことがあります。特に女性の方は気を付けて下さい。

張り紙やインターネットの物件に見学に行く場合は、必ずお友達と見学に行きましょう。 特に女性は一人で見学に行かないほうが良いです。どうしても一人で行かなければいけない場合は、必ず友達に見学に行く旨、見学先を知らせしておきましょう。

※張り紙やインターネット物件の大家は不動産エージェントを使っていません。彼らの中には純粋にエージェントを使わなくてもテナントを探せる自信のある大家、もしくは、エージェントを使いたくない、使えない理由のある大家もいます。(例えば、過去にテナントと問題を起こしエージェントのブラックリストに載っている、物件を不法に貸している、大家ではない人物がまた貸しのために広告を出している、身元をエージェントに知られたくないなど。)
日本人の方が英国に入国する場合必ずビザが必要になります。犯罪履歴などがある場合はビザが取得できません。一方、ヨーロッパの方が英国に入国する場合ビザは必要ありません。どのようなバックグランドの方でも入国できるということを心にとめて行動してください。見知らぬ方の家に一人で見学に行くのはやはりリスクの高い行動です。

弊社物件は全てスタッフが事前に物件の下見と大家へのインタビューを行っておりますので一人で見学に行っていただいて大丈夫です。
但し夜遅い見学の場合(特に冬場)は夜道が暗い道もございますのでお友達と行かれたほうが宜しいかと思います。

Q:入居日が迫ってきて焦っています。条件が合う物件は見学なしで契約したいのですが。
A:弊社の物件は必ずお客様に入居前に見学に行っていただきます。 たまに入居までにお時間のないお客様が見学せずにご入居を希望される場合がありますが、サクラプロパティーとしましては見学なしの入居はお勧めしておりません。短期、長期に関わらず充実したロンドン生活を送っていただくためにもお客様の満足される物件を見つけられる事はとても大切です。フラットシェアーの場合はお部屋のコンディションだけでなく台所や浴室を大家さんや他の入居者とシェアーするため実際に物件で大家さんに会うことをお勧めします。物件によってはハウスルールなどがありますので必ず大家さんに確認して下さい。英語に自信がなく不安な場合は質問次項を事前に英語で紙に書いて物件で大家さんに渡しても良いでしょう。見学時に聞けなかったことはサクラプロパティーにお知らせください。後ほど大家さんに確認させていただきます。ロンドンの家賃は決して安くありません。入居してから後悔しないためにもじっくり時間をかけて満足する物件をお探しください。

Q:気に入った物件は夜にもう一度見学に行った方がいいですか?
A:通常お部屋の見学は明るい時間に行くことがほとんどです。特にイギリスは春から夏にかけての日照時間が非常に長く夜9時頃まで明るいです。物件の近くにパブやバー、ナイトクラブなどがある場合、夜暗くなってから(午後8時から10時くらい)再度物件の付近をチェックされることをお勧めします。パブの客などが外で騒いでうるさくないか、駅やバス停からの道は暗すぎはしないかなど昼間には見えないことが見えてきます。サクラプロパティーの物件は全て弊社スタッフが下見に行っております。比較的治安の良いエリアを厳選しておりますが、運が悪い場合はロンドンのどのエリアでも危険な目にあうリスクはあります。せっかくのロンドン滞在を良い思い出で満たすためにも、また日本に住む家族に心配をかけないためにもできるだけ時間をかけてリスクの少ないロケーションを探されることをお勧めいたします。

Q:地下鉄の駅やバス停から遠いのですが安いお部屋を見つけました。どう思いますか?
A:弊社の日本人のお客様には駅やバス停に近い物件をお勧めしております。ロンドンでは地下鉄やバス停から物件まで歩いている間に危険にあうリスクが非常に高くなっています。学校の授業やアルバイトで帰りが遅くなる方、またナイトバスを頻繁に使う人は特に気をつけてください。夜遅くなると公共機関も人気がなくなります。できるだけ人のいる車両に乗りましょう。ナイトバスは酔ったお客も多く、からまれる場合もあります。できるだけ車掌の近くに乗りましょう。夜遅くに人の少ないダブルデッカーの2階に乗るのはやめましょう。人の目が届かず女性はレイプの危険性が高まります。夜遅くというだけで昼間よりずっとリスクが高くなります。常に注意しながら行動してください。

Q:賃貸契約のインターネットについて教えてください。
A:インターネットを物件で使用されたい方は必ず事前にサクラプロパティーにお知らせください。イギリスは日本に比べてインターネットの環境が整っていません。高速インターネットを希望の方は物件が限られてきます。個人でブロードバンドを契約される場合は基本的に電話会社と最低1年の契約期間が絶対条件になります。短期滞在の方はすでに大家さんがブロードバンドを入れている物件をお勧めします。電話線の入っていない物件でも大家さんの許可をいただいて入居者自身でBTの電話線を新たにインストールする事も可能です。工事費用は約100ポンド程です。
※基本的に電話代は家賃に含まれておりません。専用の電話線をお部屋に持つ場合は全て入居者のお支払いになります。物件によっては大家さんとブロードバンドをシェアーできる場合があります。その場合は必ず事前にいくらかかるか確認して下さい。通常電話代に関してはテナントさんと大家さんの間でアレンジされるため弊社の契約書には明記されません。
※ワイヤレスのブロードバンドはPCとの相性もありますので気に入った物件は必ず2次見学時にご自分のPCがスムーズに繋がるか物件で確認して下さい。契約を結んだ後、入居後にブロードバンドが繋がらないという理由で契約の解除はできません。契約書にもブロードバンドについては明記されません。これはあくまでも入居者と大家とのアレンジになります。


短期物件に関して

Q: 短期で物件を探していますがなかなか見つからなくて困っています。何かアドバイスはありますか?

A: 短期の物件は長期物件(6ヶ月)に比べて物件数が少ないため選択範囲が狭くなります。
また短期物件は長期物件よりも通常お家賃が25%~50%ほど割高になります。


弊社は短期物件、短期旅行者向けホテルやアコモデーション、女子寮も扱っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

よく日本に休暇で帰る数ヶ月間のみを短期で貸す方がいますが、このようなものを借りる場合はリスクが非常に高いのでお勧めいたしません。 以前このような短期物件を借りた方が滞在中にタバコの火の不始末で火事を出したことがあります。その方は契約書上の借主ではないため保険が全く使用できず全ダメージを請求されました。 請求額は数百万円です。またこのような物件は実際の借主の荷物が置いてあるため退去時に荷物の紛失等などでもめることが多々あります。

自分で大家と契約した

Q:
インターネットで見つけた物件に入居しました。入居前はインターネットが使えるということでしたがいざ入居したら使えないといわれました。
また光熱費は全て込みと聞いていたのですが入居後に請求されました。話が違うので退去する旨を大家に言ったら途中解約なのでデポジットは返さないといわれました。
どうしたら良いでしょうか?


A:
ご自分でインターネットで探した物件などは契約書がなく大家との口約束だけであったり、契約書があっても大家の作成した契約書のため必ず事前に契約書をチェックすることをお勧めします。


理解できない内容があれば事前に確認し、納得をするまでサインをしないことです。入居後は契約書のコピーもしくはオリジナルを必ず大家よりもらってご自分で保管して下さい。

弊社の物件は弊社が大家とテナントの間に入って公平な立場で契約書を作成いたします。
契約書は英語で作成されていますがサイン時に日本語訳をお渡しします。また日本人スタッフが不明な点などを日本語で説明させていただきます。

フラットに友達を泊める場合

Q:
友達をお部屋に泊めたいのですが大丈夫でしょうか?

A:
フラットシェアーの場合は無断でお知り合いを泊めることは禁止されています。
もしそのような必要が出てきましたら必ず事前に大家に確認をして下さい。

長期で泊める場合は追加料金を請求される場合はございます。
フラットシェアーは家賃に光熱費が含まれているものがほとんどですので滞在の人数が増えると使う光熱費が増えるためです。

スタジオなど一人暮らしのタイプの場合、光熱費はテナントの負担のため人を泊める場合は特に大家の許可は必要ありません。

大家がデポジットを返してくれない

Q:
自分で物件を探しましたが、理不尽な理由をつけられてデポジットを返してもらえませんでした。そうのような場合はどうすればよいのですか?

A:
通常英国の物件は家具食器付がほとんどです。滞在中に備品を破損したり汚した場合は退去時にダメージをデポジットより精算されます。


フラットやハウスの大きな物件の場合はプロのインベントリークラーク(物件のコンディションをチェックし備品リストを作る人)をアレンジしますが、フラットシェアーの場合はインベントリーチェックをしないことが多いようです。このチェックをしないと退去のときに証明ができません。

弊社ではお客様のデポジットを退去時にスムーズにお返しできるよう全てのお客様に無料でインベントリーチェックリストをお渡ししております。


入居時と退去時にそのリストに沿ってお部屋のコンディションをチェックしていただきます。

またオプショナルのサービスとして弊社スタッフが入居に立会いインベントリーチェックをさせていただくことも可能です。